アスリートゴリラ鍼灸接骨院(旧高林はりきゅう接骨院)

4号線ヤマダ電機斜め前
駐車場5台完備

受付時間

休診日日・祭日 △水曜午後は14:00~19:00、土曜午前は8:00~12:00

世界一のチームが認めた治療を
受けることができます!

世界一のチームが認めた治療

当院院長が日本代表チーフ

トレーナーとして、車椅子ソフトボールのワールドシリーズに

帯同しました。
トレーナーとして、車椅子ソフトボールのワールドシリーズに帯同

帯同理由は、日本代表チームが

スポーツトレーナーを探しているところに、上肢(手・肘・肩)の障害が一番多いバレーボールで、全国大会2連覇を達成している院長の技術を高く評価していただいたからです。 

 

なお、アメリカ ミシシッピ州の試合会場で、日本代表選手団の治療を行っていると、現地メディアに興味を持たれて、取材を受けました。


その様子を見て、メジャーリーグの色々な選手が院長に治療を求めてきました。


感想として当院の治療技術や理論は、世界でも評価が高いと実感しました。


なぜなら実力社会のアメリカで対戦チームのトレーナーなのに大会終了後、 わざわざ新品のアメリカ代表のユニフォームを直接プレゼントしてくれたからです。


  • 当院の治療で最高のパフォーマンスを発揮する次の番はあなたです!

こんな悩みを持つ野球選手のあなた

こんな悩みを持つ野球選手のあなた!
当院に一度ご相談ください

  • 今までどこに行っても症状がよくならず、
    半ば諦めている
  • 他院に行ったが、湿布や電気をあてるだけで
    試合に間に合うか不安
  • 全力でボールを投げられず、投げるのが怖い
  • 症状が改善したと思ったがやっぱり痛い
  • 治療で肘しか触ってくれず症状が改善しない
  • 練習や試合に出ずに休みなさい
    と言われショックだった
  • 肘の曲げ伸ばしができず、
    日常生活にも支障が出ている

※1つでも該当するものがありましたら、
まずはご相談ください。
当院が悩み解決のお役に立てるかもしれません。

野球肘のチェック方法

チェック法①
野球肘のチェック方法

利き腕の肘の内側の辺りを押してみて圧痛があれば野球肘です。


ピッチャー経験のある人ならば誰でも多少の痛みがあります。

 


これは前腕の筋肉の使いすぎが原因で、特に肘の内側に

圧痛があるのは前腕屈筋群の使いすぎです。

(上腕骨内側上顆炎)


速いボールを投げようとするほど、肘の負担は大きくなり、

投球動作がくり返されると腱部に微細断裂が生じ、腱部を

押すと圧痛がみられる野球肘になるというわけです。

チェック法②
野球肘のチェック

上腕二頭筋と上腕三頭筋の間を

押して痛みがある場合も

野球肘です。



この症状は特に子供が多く、

野球チームの監督や親に怒られたくない、

野球を辞めたくないなどの理由で

痛みを隠している場合が多いです。


お子さんでこのような症状を伝えてきた場合は要注意です。

悪化する前に検査を受けましょう。


チェック法③
野球肘のチェック

肘を曲げて、手を外側に曲げた時に肘の内側が痛い時は靭帯(じんたい)を痛めている可能性があるので注意が必要です。




なぜならば、一度切った靭帯(じんたい)は、

元に戻らないので、選手は手術をして靭帯(じんたい)を

繋ぐくらいしか治療方法がありません。


靭帯(じんたい)が切れてからでは遅いので、

こういう症状がみられた場合は、

至急ご来院いただくかご相談ください。

野球肩のチェック方法

野球方のチェック方法

接骨院では、病院と違って

レントゲンやMRIがないので

写真のような方法で野球肩か

どうかチェックします。



※野球肩のチェック方法は、他にもここで紹介できないくらい、たくさんありますので、ご不安な方はご相談ください。

野球肩や野球肘になる原因

原因①

>野球肩や野球肘になる原因

写真は球を取ってから走者を

アウトにする時にこの動作に

なります。

1.腕が肩から下なので壊れて

  しまいます。
2.球に勢いをつけるのに腕を

 捻る為、壊れます。


傾向としては、腕を捻る(手首を捻る)選手は肩の前が痛くなる場合が多いです。(首筋に負担がきます。)


基礎が出来ている選手は後ろにハリがくる場合が多いです。
(肩甲骨が前に出る為に筋肉が引っ張られる為だと言われて

います。)

原因②

>野球肩や野球肘になる原因

故障する原因は多々あるのですが、球の握りが強い選手は故障する頻度が間違いなく高いです。


手の甲を叩いた時に球を落とす位が丁度いいです。



球の持ち方で本当に大事なのは薬指です。


よく指導者は3点で球を握りなさいと言いますが

3点だと球が遊んでしまいます。


雨の日に指3本で握れなんて言われた

選手も多いと思います。

他にも故障する原因は多々あるので、ぜひ来院して一緒に

痛みの原因を考えて楽しく野球が出来るようにしましょう。


いずれの原因も、当院がオススメしている「肘にやさしい投球法」を徹底することで防ぐことができます。

遠方から当院に通う患者さんが多いのには
理由があります!

遠方からも野球肩や野球肘で来院します

当院には足立区に限らず、様々な地域にお住まいの患者さんに通っていただいています。


東京、神奈川、埼玉、千葉県以外にも、石川県や愛知県、

遠い所だと宮崎県などから症状を改善したいとの一心で

ご来院いただいております。

全国優勝も経験した江戸川中央シニアで
スポーツ障害教室を開催させていただきました

スポーツ障害教室を開催

甲子園常連校にも選手がたくさん進学している江戸川中央シニアから依頼を受け、野球肩、 野球肘のスポーツ障害教室を開催させていただきました。


筋トレやストレッチ、マッサージ、テーピングの方法など

色々なお話をさせて頂きました。


その中でも選手たちが興味を持ったのが10秒で脳のリミッターを外す方法でした。

10秒で脳のリミッターを外す方法を実践している
風景です。


当院院長はバレーボールチームに帯同して全国大会の優勝経験がありますが、競技は違えど試合で結果を残す選手は

みんな体のケアやパフォーマンスアップの話に、

すごく興味があるんだと感じさせられました。


ここでお話させていただいた内容で監督、コーチ、選手、保護者の方が知らなかったり、 タメになったと言ってくれた事は普段来院していただいている野球選手にはみんな伝えています。


内容に興味がある野球選手はお気軽にお問合せください。
きっと、お役に立てて今まで知らなくてビックリするような内容が聞けますよ。


また、江戸川区のチームが足立区の治療院に野球教室開催を依頼してくれた事を誇りに思いながら、 これからもたくさんの選手に当院の経験が役に立ってくれたら嬉しいです。

他院とは違う!アスリートゴリラ5つの特徴

①全国大会優勝経験2回のスポーツトレーナーが
 直接治療します。

アスリートゴリラ5つの特徴

スポーツトレーナーの世界では、手・肘・肩の障害はバレーボールのトレーナーに任せておけば平気といわれています。 


なぜなら一番、手・肘・肩の障害が多いスポーツだからです。


当院院長は、東京代表の異なるチームに帯同して全国大会を2連覇しています。


もちろんバレーボールだけでなく、野球選手の患者さんも多くいます。


石川ミリオンスターズ(BCリーグ)、東芝硬式野球部、

関東一高、専大松戸などの強豪チームから少年野球チームまで幅広い野球選手が来院しております。


なお当院では、ご来院いただいた患者さんは全員院長が

直接治療を担当します。

※補助的治療は院長指示のもと副院長やスタッフが行うこともあります。

②最新の治療機器と回復までのサポートノウハウや
 治療実績が豊富です

最新の治療機器と回復までのサポート

プロアスリートやオリンピック選手などが治療やコンディショニングで使用している機器で治療をいたします。

  • ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のコンディショニングでも採用された機器です。

マッサージでは届かなかった、より深い筋肉へのアプローチが可能になり、患者さん一人 ひとりの症状にあわせた最適なオーダーメイド治療を行います。

野球肩や野球肘の治療をする前に、
知っておいて欲しい大切なこと

それは何かというと、野球のボールを投げる事は全身運動なので、肘や肩だけを治療しても症状は改善しない!ということです。


当院の治療の特徴は、痛みを取るだけでなく、再発しないように筋肉を作る事が他院と違います。


湿布やマッサージなどのその場しのぎの対処療法ではなく、原因を特定し、その筋肉に直接アプローチします。


ちなみに、治療機器で流す電気の種類には骨折、筋肉、関節、神経に役立つものがそれぞれ違います。

 

薬と同じで頭痛の時に腹痛の薬を飲まないですよね?

電気も同じで、ぎっくり腰と野球肘では流す電気の種類が違います。


だから原因を特定するのが重要です。

当院では検査と症状の説明に時間をとって治療を行っています。

他院の野球肘治療法との違い

他院の野球肘治療法との違い

当院が行っている野球肘のオリジナル治療法を紹介します。


その前に、この図の説明をいたします。


コンセントと差込みプラグは肘、コードは、野球肘の原因になる筋肉とイメージしてください。

1.コンセント(肘)に起こっている炎症を治療機械を使って改善させていきます。

2.コンセント(肘)の炎症は、コード(筋肉)を引っ張るから起こります。

 そこで、ピンと伸びたコード(筋肉)を独自のマッサージで緩めていきます。

3.緩めたコード(筋肉)が再びピンと伸びないように、テーピングで抑えます。


上記3つを同時に行わないと、野球肘を繰り返し発症するようになります。


ちなみにボールを投げるのは全身運動なので、全力で1日も 早く痛くなく投げれる事を目的として治療をしています。


具体的にはフォームなどをチェックし、再発しないための運動指導や、 意外と使い方を間違っている方が多いテーピングの正しい使い方をアドバイスしています。


他にも、立体動態波刺激療法、高電圧電気刺激療法、 微弱電流治療(マイクロカレント療法)を併用して治療を行います。

当院の野球肩治療と他院との違い
(マッサージで触れない筋肉にもアプローチします)

マッサージで触れない筋肉にもアプローチ

上の図の赤い部分は、他院に野球肩で来院した時に原因とよくいわれる「2つの筋肉」です。


この筋肉が原因の場合は、マッサージや湿布、電気治療などで症状の改善が見込めます。



では、なぜ症状改善しない人がたくさんいるのでしょうか?

 

  • 実は、野球肩の原因になる筋肉は他に2つあります。

野球肩の原因になる筋肉

それが上の2つの筋肉です。

この2つの筋肉は、マッサージでは「触れない筋肉」です。


マッサージや湿布、電気治療などでは症状改善が

見込めません。

だから野球肩が改善しない人が多いのです。


ちなみにあなたは、自分の野球肩の原因になっている筋肉が どれなのかを1つずつ調べてもらったことはありますか?


残念ながら病院で撮影するレントゲンは、筋肉ではなく、骨だけしか写りません。


ということは、野球肩の原因となる「4つの筋肉」 のどれに該当しているか分からないまま、電気治療をしたり、マッサージや湿布を貼ったとしても症状は改善しません。


さらに、「4つの筋肉」の場所はそれぞれ違うので、治療方法もそれぞれ異なります。


ちなみに、「4つの筋肉」の中で、2つはマッサージでは「触れない筋肉」ですが、 「触れない筋肉」にいくらマッサージをしても症状は改善しないですよね?


当院では、最新の治療機器で2つの「触れない筋肉」にも アプローチし、スポーツトレーナーとして培った技術で、あなたの野球肩にも全力で向き合います。

③パフォーマンスアップに必要な資格も
 所持しています。

当院では柔道整復師や、はりきゅうなどの国家資格以外にもアスリートの治療に必要な資格を所持しています。

足立区公認スポーツ指導員

足立区公認スポーツ指導員

スポーツ指導員の養成講習会の全課程を修了しています。


足立区の皆様のスポーツの為に貢献していきます。

メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラー

メジャーリーグの球団には、 パフォーマンス・コンサルタントと言う肩書きを持ったスタッフがいます。


この名称は日本のプロ野球球団にはありません。



仕事を簡単に説明するとカウンセラーで、カウンセリングや心理学の講義をするスタッフのことです。

カウンセリングとは、選手から不安や悩みなどを聞いて適切なアドバイスをすることをいいます。

  • リハビリをしている選手たちはみんな『早くプレーしたい』と悩み、焦っています。


私は、選手一人ひとりの感情の変化や性格の違いをくみとり、しっかり話を聞いて適切なアドバイスをする為に、心理カウンセラーの資格を取得しました。

WORLD FOOTBALL ACADEMY JAPAN

WORLD FOOTBALL ACADEMY JAPAN

レイモンド・フェルハイエン氏に直接指導を受けたスタッフがサッカーのトレーニングを丁寧に指導しています。

 

  • レイモンド・フェルハイエン氏とは・・・・・

    クラブチームのバルセロナやオランダ代表にトレーニングを指導している方です。


症状改善後に、ケガを再発させない事が重要です。

当院では、再発させない体づくりのアドバイスもいたしております。ご興味ある患者さんは、お気軽にご相談ください。

④多くのスポーツ専門誌に治療理論が
 取り上げられています。

週刊ベースボールに2週連続掲載されました!

~スポーツ障害で夢を諦めないで欲しい~というタイトルで2週連続紹介されました。


記事の内容は、『筋肉には触れる筋肉と、触れない筋肉がある』ということで、
「投手が体の軸を傾けて投げていたらSOSのサイン」、
「スイッチヒッターは腰痛持ちが少ない」など
野球選手には興味深い内容になっています。


これらは、私が治療の際に患者さんへアドバイスしている1つの例を紹介しているだけです。


内容にご興味ある方はお気軽にご相談ください。

週刊ベースボール以外のスポーツ専門誌にも
掲載されています!

当院の治療理論は、すべての競技に適応できます。
よって、週刊ベースボール以外のスポーツ専門誌にも掲載されています。

さらに、この治療理論は
治療家向けの教材にもなっています

治療家向けの教材

スポーツトレーナーとして、現場で結果を残してきたノウハウが、 治療家向け大手教材販売会社の株式会社医療情報研究所よりDVDとして販売されています。


当院の治療理論はアスリートだけでなく、同業の治療家にも認められています。

⑤今のあなたと同じ症状の患者さんが
 どんどん現場復帰しています。

当院に通って、無事に現場へ復帰していった選手を一部ご紹介します。


※これから紹介する患者さんの声は、患者さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

東芝硬式野球部の選手が来院!
神奈川県から来院

神奈川県から口コミで来院してくれました!


『毎日、来てもいいですか?こんな治療は初めてです!』と言っていただき、治療のお礼にユニフォームと硬式球を頂きました!


北信越BCリーグ・プロ野球独立リーグの選手が来院!
北信越BCリーグ・プロ野球独立リーグの選手が来院

北信越独立リーグ、石川ミリオンスターズの選手が、口コミで石川県から5時間もかけて来院してくれました。



『野球少年ガンバレ!!』って治療後に院の壁にサインまでしてくれました!

第97回全国高校野球選手権
千葉県大会(専大松戸高) 祝 甲子園出場!
祝 甲子園出場!

あなたと同じようにケガで悩んでいた野球選手が無事甲子園に出場できました!


こちらの患者さんは、千葉県松戸市から足立区の当院に通って、昨年の夏の甲子園に無事出場することができました。


この選手は、当院の時間外にお父様の熱意も あって対応させて頂きました。


試合前に大事なのは準備です。

練習、食事、体のケアとどれが欠けても 良い結果は出ません。

99%は、全て努力なのです。

第92回全国高校野球選手権
  東東京大会(関東一高) 祝 甲子園出場!
祝 甲子園出場!

【レギュラーの声】


野球をやっていて、肩や肘が痛くて、いろいろな接骨院などに行って治療をしてみたけど、全く良くならなくて、その時に友達に紹介してもらってこの接骨院に来ました!

痛みをガマンしてやっているとよけい痛くするので、本当に痛い人は来てみて損はないと思います!


ほんとにいろいろな治療器具があり、いろいろな治療をしてくれて感謝しています!


今では、満足なプレーが出来て本当に感謝してます!

これからもお願いします!

 

第94回全国高校野球選手権(日大一高)
第94回全国高校野球選手権(日大一高)



当院がサポートしている選手が新聞に掲載されました。


『8時半の男』元巨人投手の孫の宮田投手が初完封しました。


第63回 墨田区少年野球大会 最優秀選手賞獲得!
第63回 墨田区少年野球大会 最優秀選手賞獲得

野球好きの親子から嬉しい報告がありました。


患者さんの父:

『高林先生のお陰で息子が最優秀選手賞を獲得できました!』

院長:

『おめでとう!やりましたね!』

患者さん:

『先生ありがとう!これからも野球頑張ります!』


野球肘で野球を辞めなくて本当に本当に良かったね!

他にもたくさんの野球チームが来院しています

当院に来院する野球チームのみんなは、本当に頑張っている子が多いです!


ただ、一生懸命に練習する子が多く、肩や肘の痛みが絶えませんが、怪我をする度に、これからもサポートしていきますよ。


『君たちの為なら早朝治療も苦になりません!』

みんなの今後の成長が楽しみです!


当院では「肘にやさしい投球法」の指導をしっかりし、野球肘用のテーピングや手入れ方法のアドバイスまでしっかり行います。

最後にあなたへお伝えしたいこと

関東中学校バレーボール大会


私は、小さな子供にも初診時に理念や治療方針を語るようにしています。


実際、小学生や有名校の子がバスで1人で来院することも珍しくありません。




当院があなたにできることは、100,000人以上の患者さんを治療した技術やナショナルチームが行うコンディショニング法などを提供し、 あなたが最高のパフォーマンスを発揮し、試合で結果を出してもらうことです。


そのせいか、実際に片道1時間以上かけて来院する野球選手も多数います!


だからこそ、
『気持ちいいだけのマッサージや価格で治療院をお探しの方にはお役に立てません!』


本当に野球を楽しみたいと本気で思っている方はワクワクしながら来院してください!


あなたも来院されれば、きっと『この先生に任せてみよう!』って思うはずです!


1日でも早くあなたに会えるのを楽しみにしています!!

ページの先頭へ

tel:03-5856-5063
アクセスはこちら
COPYRIGHT(C)2018 足立区のアスリートゴリラ鍼灸接骨院(旧高林はりきゅう接骨院)ALL RIGHTS RESERVED.